学生さんの一人暮らしお部屋探しを応援する賃貸情報サイト シングルライフ【大阪、神戸、京都、滋賀、広島、東京、福岡、名古屋、仙台の一人暮らしを応援します】
キャンパスシングルライフ
 
表紙に戻る
らくらくお部屋検索
大阪
神戸
京都
滋賀
岡山
金沢
広島
福岡
東京
愛知
宮城
一人暮らし広辞苑
経済編
生活編
トラブル編
料理編
専門学校インフォ
大阪
兵庫
京都
名古屋
東京
福岡
専門学校インフォ
北海道
東北
関東
東海
近畿
中国
九州
LINK
e-女子学生会館ガイド
下宿ガイド
学生寮ガイド
新聞奨学生通信
奨学金ガイド
キャンパス体験ガイド
表紙に戻る

一人暮らし広辞苑:生活編生活編

1年で差がつく節約術

限られた生活費を少しでも浮かせるには節約が必要。買い物は自分で気をつけるとして、なかなか目に見えない、電気代の節約術を紹介します。はじめから一人暮らしの習慣にしておけば、一年で随分と差がついてきます。  
 
■ちょっとの心がけが大切!一人暮らしの電気代節約術  
待機電力 使っていない家電はコードを抜いておきましょう。特にテレビやビデオなどリモコン操作するもののほとんどは、主電源が入ったままだと待機電力は消費されているのです。
保温機能 意外と電気代がかかっているのが、ポットや炊飯器の保温。炊飯器で炊いたご飯が余ったら、別の器に移して電子レンジでぬくめて食べましょう。お湯はその都度わかすのが基本。
照明器具 電気のつけっぱなしは論外ですが、掃除も重要なポイント。電球や蛍光灯の埃をまめに掃除するだけで、電気の寿命が随分と変わってくるのです。
エアコン 夏も冬もエアコンの温度が1度違うだけで、驚くほど電気代が変わってくるのです。夏は28度、冬は22度を目安としてみましょう。夏期は扇風機と併用すると効果的です。またフィルターはまめに掃除しておきましょう。
テレビ テレビの明るさや音量も電気代に関係しています。無駄に明るくしたり、ボリュームを上げすぎないように気をつけましょう。
冷蔵庫 ドアの開け閉めは素早くが基本。そして季節ごとに温度調節もしましょう。冬なら「弱」で十分です。また壁と冷蔵庫の間に隙間をつくるだけで、消費電力が少なくなるそうです。
こたつ 掛けぶとんだけではなく床にマットを敷くと、温い上に電気代節約にもなります。
 


一人暮らし広辞苑

戻る経済編生活編トラブル編料理編次へ

Copyright (C) 一人暮らし応援誌「キャンパスシングルライフ」編集部=タマD.T.P.株式会社. All Rights Reserved.